CREATIVE に冒険を MIND

STAFF VOICE

2019.03.20

個人的なオリンピックの話

他人に話しても「はい。」くらいのリアクションしかもらえませんが、

私のどうでもいい特技の一つに

「歴代のオリンピック開催地をだいたい言える」というのがあります。

何で覚えているかというと、ただ単に地名の語感が好きだからです。

夏季オリンピック開催地は世界的に見ても有名な地名が多く、

そこまでくすぐられないのですが、

冬季開催地は、開催できる場所がかなり限られるため

初めて聞くような地名が多く、好語感の宝庫です。

その中で特に好きなのは92年と94年の冬季オリンピック開催地。

アルベールビル(フランス)」と「リレハンメル(ノルウェー)」です。

思わず声に出して、連続して読んでみたくなる語感がそそられます。

さらに夏季と冬季の開催年が2年おきにくるよう調整するために

間が2年しか空いてないというイレギュラー感が余計にくすぐります。

もっとあげればキリがないんですが、

36年の「ガルミッシュ=パルテンキルヒェン(ドイツ)」や

56年の「コルチナ・ダンペッツォ(イタリア)」は

日本語にはない発音と、やたら長い地名で

気になってしょうがない奴です。

(2002年のソルトレイクシティも同様に好き)

 
 
ごちゃごちゃ書いてますが、本業はデザイナーなので、

もちろん「オリンピックのデザイン」にもとても興味があります。

その中でも大会のアイコンとして注目度の高いエンブレム。

第二次世界大戦以前のエンブレムのデザインは、

伝統的な形式と装飾的要素が強く、現代の感覚で見ると

「エンブレム(ロゴ)なのかこれは?使いにくそうだな…」なものが多いですが、

戦後、グラフィック表現の簡素化・合理化が進んで、

コンセプトがあり、オリジナリティに溢れたエンブレムが出てきます。

64年の東京のエンブレムは、デザイナーなら知ってて当たり前な傑作ですが、

そのあとの68年のメキシコシティ72年のミュンヘン76年のモントリオールのエンブレムも

独創的であり、余計なものを排除したスッキリとしたデザインで好きです。

でもいささか簡素にしすぎやしないか?と思ったところに出てくるのが、

私が一番好きなエンブレム。84年のロサンゼルスです。

一見すると「プラモデルのタ☆ヤかな?」と思うようなデザインですが、

60~70年代の簡素なエンブレムの時代から、色も増え、線も増え、

動きのあるデザインに変わってきているのと、

色使いの80年代っぽさ、どアメリカンな感じから

言葉が悪いですが「ダサかっこいい」そんなエンブレムで大好きです。

90年代後半からは、手書き・筆文字・自然・調和・平和・エコ・多様性など

時代に即した色んなメッセージが込められたデザインが多いかなという印象です。

(ちょっと盛り込みすぎかなと思うのもある)

SV_olympic_logo_190314

そして来年はいよいよ東京でオリンピックが開催されます。

今回のエンブレムは、いろいろありましたが、

ロスのエンブレムみたいな「ダサかっこいい」感はなく、

機械的で真面目なデザインだなと。

何かとネガティブなニュースしか聞かないですが、

それでも自国で開催されるオリンピックなんて、人生で何度もあるわけではありません。

開催期間中はできる限りいろんな競技を観戦したいですし、

街中に溢れるであろう、たくさんのオリンピックのデザインを楽しみたいと思っています。

DESIGNER / Y.U