CREATIVE に冒険を MIND

STAFF VOICE

2018.11.08

映画に行こう。ひとりで行こう。

ことしも残すところあと2ヶ月ほどですね。

振り返ると、いつもより映画館によく通った年でした。

いま数えてみたのですが、111日現在でちょうど20作品。

映画好きの方々の足元にも及ばない数ですが、

少ない空き時間の割にはよく行ったと自分では思います。

ちなみに、すべて単独での鑑賞です。

見始めた当初はあまり意識していなかったのですが、

だんだんと「ひとりで見ると満足感が違う」と思うようになりました。

今日は、そんなひとり映画の魅力を一部ご紹介します。

 

魅力その1「自由度が高い」

私、連れがいると感情を抑えるタイプなんですが、

ひとりなら遠慮しなくていいので大変ラクです。

何てことない場面に思わず涙が流れたり、

笑ってしまったり、自分の性格を新発見できます。

それに、マイペースで映画に入り込めるのって、

映画を独り占めしたみたいで快感なんです。

 

魅力その2「いい席に座れる」

ご存じでしょうが、映画館はカップルだらけ。

でも、カップル同士は隣同士になりたがらないんですね。

ポツンポツンと残った飛び地のような席に

意外といい席もあり、ひとりだとゲットできるわけです。

人気映画で特等席に座れるとすごーく優越感に浸れるので

王様になったみたいにふんぞり返って観ています。

 

魅力その3「疲れがとれる」

これはひとりかどうかはあまり関係ないのですが・・・、

疲れて誰とも喋りたくない時ってないですか?

私はよくあるので、そんな時は映画館に逃げ込みます。

真っ暗な空間だと落ち着くというのもありますが、

疲れた時は映画に没頭しやすいのです。

なぜなら、脳が現実逃避傾向にあるから。

脇目もふらず映画に集中(=楽しむ)した後は

心の凝りがデトックスされて活力がアップします。

 

以上、私なりのひとり映画の魅力を語らせていただきました。

今年は色々な意味で映画に助けられた1年だったので、

楽しみ方を知ってもらうことで恩返しできればと思います。

みなさん、町で映画のコピーやポスターを目にした時、

直感的に惹かれるものがあれば、それは映画に呼ばれた証拠です。

ぜひ、映画館に足を運んでみてくださいね!

 

おまけ。鑑賞作品全タイトル↓

パディントン2/ルイの9番目の人生/デトロイト/スリー・ビルボード/グレイテスト・ショーマン/シェイプオブウォーター/ペンタゴンペーパーズ/レッド・スパロー/パシフィックリムアップライジング/アベンジャーズ インフィニティ・ウォー/レディ・プレイヤー1/ピーターラビット/カメラを止めるな!/ミッションインポッシブル フォールアウト/タリーと私と秘密の時間/2つの希望/SUNNY 強い気持ち・強い愛/プーと大人になった僕/2001年宇宙の旅 imax上映/search

Copy Writer / R.A